商品の価格表 マンセル色見本 RAL色見本 NCS色見本 ANSI色見本





マンセル・カラ−・システムとは
★  Albert H.Munsell ( 1858-1918) は、物体色を色の三属性に基ずく三次元色空間の一点としてとらえ、
    色相 (Hue・ 記号 H ), 明度 (Value ・ 記号 V ), 彩度 (Chroma・ 記号 C), によって
    表示する方法を考案しました。

 ★ 色相 H は、100色相を知覚的に等間隔の尺度で示します。 100色相を10色相ずつに分割して、
    10色相ステップに位置する10主要色相 (5中心色相と5中間色相)が一般に使用されます。

 ★ 色相名は、  記号 R(赤)、 YR(黄赤)、 Y(黄)、 GY(黄緑)、 G(緑)、 BG(青緑)、 B(青)、
     PB(青紫)、 P(紫)、 RP(赤紫)の10色相です。

 ★ 明度 V は、 黒から白までの色の明るさ暗さの度合を示し、理想的な黒を 
     理想的な白を 10 とし、中間の灰色を 5 とし、この 5 は全ての有彩色の 中間 の明度を
     示します。

 ★ 彩度 C は、 同じ明度の無彩色からのはなれの度合をしめします。 
     彩度は無彩色の 0 から有彩色の色みが増すにつれ、等歩度に 10、12、14 とのびます。

 ★ 有彩色の記載方法は、 HV/C,   無彩色 (記号 N)の記載方法は NV/に従って記載されます。
     ばらの赤は 5R 5/4,  黒は N0.5/, 白は N9.5/, 灰色は N5/, というように。
     なお、より細かな分割が必要とされるときは、 十進法が使用され、 2.8R4.5/12.4のように記載
     されます。





              




 マンセル標準色票集の色の許容差について。

 マンセル標準色票集は、色の許容差を Munsell AAA tolerance 以内ときめ、最も厳しい
 許容基準で製作されています。
 このような最高の厳密度の AAA級の許容差で製作されている標準色票は、
 マンセル標準色票集のみです。
 
 マンセル・カラ−・システムは、下記の各国規格に採用されております。
  
  JIS・ ASTM・ BSI・ GSCS・ ANSI・ ISCC・ NBS  


 現在世界で最も権威あるものと認められ、最も優れた色の表示方法として、この方法が採用され、
 各方面で ( し ) として利用されております。


景観法とマンセル表色系

 景観法で指定されております「マンセル表色系」の色見本はマンセル色見本(Munsell Book of Color)
  です。 正確なマンセル値の色を判定することができます。

  マンセル色見本のご案内


マンセル・カラ−・システムとは

                  色見本帳の専門家:  海外ブック
埼玉県飯能市川寺230-6  〒357-0044
電話: 042-974-2825
FAX: 042-974-2825
yakkosan@sweet.ocn.ne.jp
 
トップへ
トップへ
戻る
戻る